東芝の原発事業継続に期待 電事連の勝野会長

2017.2.17 18:04

勝野哲氏=1月20日午後、東京都千代田区
勝野哲氏=1月20日午後、東京都千代田区【拡大】

 電気事業連合会の勝野哲会長(中部電力社長)は17日の定例記者会見で、経営再建中の東芝について「日本の電気事業の発展に貢献してきた。引き続き、しっかりと役割を果たしてほしい」と述べ、東芝の原発事業継続に期待感を示した。

 東芝は巨額損失の原因となった海外の原発事業は縮小するが、国内では原発の再稼働や廃炉などを継続する方針を示している。勝野氏は「原発事業は材料メーカーなど裾野が広く、東芝はその中核だ」と強調。人材や技術を維持するため、東芝の役割が欠かせないとの認識を示した。

 一方、東京電力ホールディングスが再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)の免震重要棟の耐震性に関し、事実と異なる説明を続けていた問題に関しては「しっかり調査をして再発防止することが大事だ」と語った。原子力規制委員会の審査が長期化することの影響は「全体(の審査)が遅れるとは思わない。各社が、速やかな確認が得られるよう対応すべきだ」と指摘した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。