【Sakeから観光立国】日本ソムリエ協会、日本酒に特化した新認定制度 (1/2ページ)

2017.2.17 05:00

2017年のソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)就任式=5日、東京都千代田区のホテルニューオータニ
2017年のソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)就任式=5日、東京都千代田区のホテルニューオータニ【拡大】

 □平出淑恵(酒サムライコーディネーター)

 日本ソムリエ協会の2017年通常総会が5日、東京都千代田区のホテルニューオータニで行われた。昨年2月の通常総会で、国際ソムリエ協会会長を務める田崎真也氏が新会長に就任。「世界が注目する日本酒についても強化し、教育と会員満足度アップによる協会発展を目指す」と力強く日本酒の重視を打ち出してから1年。同協会が、日本酒に特化した認定制度をスタートさせる。

 新しい認定制度は「J.S.A.SAKE DIPLOMA」。今回の通常総会で披露された。同じ会場で開かれた同協会東京支部の第1回例会では、田崎会長自身による「ソムリエのための日本酒ティスティング」が行われ、800人もの会員が受講し、関心の高さが伺われた。

 試飲酒には、小澤酒造(東京都青梅市)や石川酒造(同福生市)など東京都を中心に、多様なスタイルの日本酒が提供され、参加者はワイングラスによる日本酒のテイスティングを楽しんだ。

 「J.S.A.SAKE DIPLOMA」の第1回認定試験の受け付けは3月1日~6月30日まで。1次試験は8月20日、2次試験は9月25日の日程で実施される予定だ。

 同会場で続いて、今年の「ソムリエ・ドヌール(名誉ソムリエ)就任式」が開かれ、新たに10人が就任した。

 総合内科医で古酒ライターの秋津壽男氏、「神の雫」原作者の樹林伸氏、樹林ゆう子氏、明治学院大学法学部教授・蛯原健介氏、毎日新聞客員編集委員・西川恵氏、日本経済新聞社編集局次長兼夕刊編集長・越中秀史氏、トゥールダルジャン日本代表総支配人クリスチャン・ボラー氏、女優の竹下景子氏、柴田理恵氏、独立行政法人酒類総合研究所理事長の後藤奈美氏らが名誉ソムリエに加わった。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。