ドコモ「AIタクシー」商用化 来年度、リアルタイムで需要位置予測 (1/2ページ)

2017.2.18 06:53

NTTドコモの人工知能(AI)を使ったタクシーの需要予測システムを基に運転している
NTTドコモの人工知能(AI)を使ったタクシーの需要予測システムを基に運転している【拡大】

 NTTドコモは17日、携帯電話ネットワークやNTTグループの人工知能(AI)を活用して、タクシー利用客が多くいる場所を予測するシステム「AIタクシー」を2017年度下期に商用化する考えを明らかにした。昨年6月から東京無線協同組合のタクシーとの実験で高い効果を得た。タクシー配車システムを提供している富士通テン(神戸市)などと共同で、全国のタクシー事業者向けにAIタクシーの提供を始める。

 AIタクシーは、タクシーに取り付けたタブレット端末の地図上に、30分後までの需要台数が数字で表示される仕組み。駅前や大通りなど普段から人通りが多いところで大きな数字が表示されるのに加えて、成人式やコンサート、入試会場など、一時的に需要が多くなる場所でも大きな数字が表示される。

 携帯電話と基地局の間の電波のやり取りを基にしたドコモの既存システムや、タクシー会社の過去の運行データ、NTTのAIなどを組み合わせて、リアルタイムでタクシー利用者の需要を予測できるという。

結果を基に課題を洗い出した上で、全国展開を検討

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。