西武鉄道が「横浜アリーナ」を子会社化 キリンから株式46%分を取得し過半数保有

2017.3.3 17:07

 西武鉄道は3日、横浜アリーナを今月下旬に子会社化すると発表した。横浜アリーナの発行済み株式の58・8%を保有するキリンホールディングスから、46・2%分を取得。西武がキリンに代わり、63%を保有する筆頭株主となる。取得額は50億円規模とみられる。

 西武は、昭和61年の横浜アリーナ設立当初からキリン、横浜市と共同出資していた。アリーナ周辺で営業する西武グループのプリンスホテルとの連携を強めるほか、横浜アリーナの営業力を「西武ドーム」へのイベント誘致に活用する狙いから、非中核事業の整理を進めているキリンの保有株式を取得することにした。

 西武は、今回の子会社化を通じ「新横浜エリアの事業基盤を一層強化したい」としている。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。