鶴見酒造、WAGYUに合う日本酒発売 牛肉のアジア需要対応

2017.3.6 05:00

肉料理と相性のいい「WAGYUSAKE神鶴」
肉料理と相性のいい「WAGYUSAKE神鶴」【拡大】

 世界の「WAGYU」人気、アジアの日本風焼き肉店ブームに合わせた酒が登場-。

 日本酒の輸出に積極的に取り組む鶴見酒造(愛知県津島市)は、肉料理に合う「WAGYU SAKE 神鶴」を発売。7日から幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催する「FOODEX JAPAN 2017」(第42回国際食品・飲料展)に出品する。

 最大の特徴は、肉料理との相性が良く赤ワインにも含まれるポリフェノールが豊富な「黒米」を原料に使用したこと。うす赤色で、ほのかな香りが漂う。コメだけで醸造し、酸味やコクを出して、ステーキや肉料理に合う味わいにした。720ミリリットル入り、2160円。

 同社によると、中国、シンガポールなどのアジア諸国では、経済成長に合わせて牛肉の消費量の増加が予測されるとともに、高品質な和牛も注目を集めている。

 鶴見酒造は日本酒の国内販売と合わせて中国、韓国、台湾、香港、ベトナムなどアジアを中心に輸出を強化している。これまでにも、すしに合う「SUSHI SAKE 神鶴」をアジアに加え、欧州にも輸出した実績がある。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。