ホンダF1、悲願の表彰台狙う 再参戦3年目レース 24日開幕 (1/2ページ)

2017.3.8 06:37

ホンダのF1総責任者、長谷川祐介氏=2016年12月、東京都港区
ホンダのF1総責任者、長谷川祐介氏=2016年12月、東京都港区【拡大】

 ホンダがエンジン供給者として参戦する自動車レースの最高峰「F1」が24日にオーストラリアで開幕する。2015年に7年ぶりに復帰してから2年間は、開発の遅れが響き最高5位と低迷。F1プロジェクト総責任者の長谷川祐介氏は3年目の挑戦でかつての強さを取り戻し、復帰後初の表彰台獲得を目指す。

 昨年は6位に浮上

 「進化を遂げ、先頭集団に追い付くことが目標だ」。2月24日、イギリスで開いた17年の新型マシン初公開の場で、登壇した長谷川氏はこう力を込めた。

 今季にかける思いの強さはこれまでの不振の裏返しだ。15年はエンジントラブルが多発し、全19戦のうちポイント圏の10位内はチーム2台で計6回のみ。チーム順位も9位と、下から2番目に沈んだ。

 主因は14年の大幅なルール変更にある。エンジンは従来の排気量2.4リットルから1.6リットルと小型車並みになった。一方で、ブレーキや排気熱のエネルギーから発生する電気で回すモーターの出力は2倍に上げ、最高時速300キロ超で90分以上の走りを可能にしている。

 このハイブリッド技術に対し、他チームは14年当初から導入したが、1年遅れで参戦したホンダは「(開発)時間が足りなかった」(長谷川氏)。その結果、エースのアロンソ選手が「(1階級下の)GP2のエンジンだ」と酷評する出力不足に悩んだ。

ホンダが悪戦苦闘しながらも、F1に挑戦し続けるのは…

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。