電力3社が原発で技術協力協定

2017.3.8 05:00

 東京電力ホールディングスと中部電力、北陸電力の3社は7日、原発の安全性向上に関する技術協力を進める協定を結んだと発表した。3社はいずれも改良型沸騰水型軽水炉(ABWR)原子炉を保有しており、運転員の訓練や技術的な情報共有などを進める。

 地域的にも隣接していることから、災害などによる事故時の技術者派遣などでも協力する。

 原子炉の種類をめぐっては、加圧水型軽水炉(PWR)を保有する北海道、関西、四国、九州の各電力も昨年、技術協力の協定を締結している。

 このほか、北陸電、関電、中国電力、四国電、九州電は事故時の対応や廃炉の協力で協定を結んでいる。東電と東北電力は事故対応で協力することを決めており、原発での大手電力間の連携が進んでいる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。