【Sakeから観光立国】国際交流が生んだ「愛和酒」 (1/2ページ)

2017.3.10 05:00

兵庫の酒米にかかる意見交換会の出席者=6日、神戸市中央区のホテル北野プラザ六甲荘
兵庫の酒米にかかる意見交換会の出席者=6日、神戸市中央区のホテル北野プラザ六甲荘【拡大】

 □平出淑恵(酒サムライコーディネーター)

 兵庫県が主催する「兵庫の酒米にかかる意見交換会」が6日、ホテル北野プラザ六甲荘(神戸市中央区)で開かれた。昨年5月、同県が世界最大規模のワイン審査会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)の日本酒部門審査会を誘致。その際、IWC審査員らが田植えを体験し、秋に収穫した山田錦から醸造された日本酒「IWC記念酒 愛和酒」が披露された。

 ちょうど昨年は、地元発祥の酒米、山田錦生誕80周年に当たり、14カ国から来日したIWC審査員にも山田錦を強くアピールした。セミナーとともに田植え体験会を行い、昼食では生産者らとともに食卓を囲み、交流を広げた。

 ちなみに「愛和酒」は、IWC日本酒部門審査会の誘致に、リーダーシップを発揮した井戸敏三知事が命名したものだ。

 6日の意見交換会には、初の本格的な酒類の国際審査会誘致に汗をかいた面々も顔をそろえ、特に中心的な役割を果たしロンドンのIWC授賞式でプレゼンターも務めた新岡史朗・兵庫県農政環境部長の主催者あいさつからスタートした。

 続いて田植え体験会の田んぼを提供したIWC地元支援グループ代表の上羅尭己・元みのり農協理事長が、体験会に合わせて例年より1カ月も早く種をまき、田植えの準備をしたときのことを振り返った。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。