三井物産、乳酸菌ライセンス展開 広島大の歯周病退治後押し

2017.3.11 05:52

乳酸菌「L8020」を使ったヨーグルト味タブレット「UHAデンタクリア」(UHA味覚糖提供)
乳酸菌「L8020」を使ったヨーグルト味タブレット「UHAデンタクリア」(UHA味覚糖提供)【拡大】

 三井物産は、広島大が開発した口の中の悪玉菌を退治して虫歯や歯周病を予防できる乳酸菌のライセンスビジネスに乗り出す。第1弾として製菓大手のUHA味覚糖(大阪市中央区)に供与し、同社が「L8020」と呼ばれる乳酸菌入りヨーグルト風味タブレットの試験販売を開始。5月からはコンビニエンスストアやドラッグストアなどで全国販売する。今秋にはチョコレートなど第2弾につなげ、アジア展開も視野に入れる。

 広島大歯学部の二川浩樹教授は、虫歯にかからない子供の唾液調査で腔内に共通して存在する3つの抗菌効果がある乳酸菌を発見。このうち、最も風味がいい乳酸菌をL8020と命名した。L8020は虫歯菌や歯周病菌など悪玉菌を減少させる一方、健康にいい善玉菌を増やすため、虫歯菌などが住み着きにくくなるという。

 UHA味覚糖が販売するタブレット「UHAデンタクリア」は価格は9粒324円(税込み)とやや高めだが、1月中旬からウエルシア薬局の東京都内の店舗などで試験販売を開始、5月から全国展開する。乳酸菌が生成する虫歯予防につながるペプチド(タンパク質)を増産し、その粉末を入れ、甘味料のキシリトールでほど良いヨーグルト風味にした。

 歯周病は血流に乗って全身に広がり、心臓病や糖尿病などの生活習慣病の原因になることも多く、菌を減らせる効果は大きい。

 二川教授は大学発ベンチャー「キャンパスメディコ」(広島市西区)を立ち上げ特許を管理。L8020を四国乳業(愛媛県東温市)など3社に供与し、商品化につなげたが、その後は伸び悩んだため、2014年6月に大手商社の三井物産とライセンス展開で業務協力した。

 三井物産と手を組んだことにより、商社が持つ原料調達や物流などのネットワークを活用できるようになったため、乳酸菌入りヨーグルト風味タブレットの商品化が実現した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。