人を切らないトヨタの家訓「金を使わず知恵を出せ」 背景にたった一度の痛恨事件 (2/5ページ)

2017.3.12 13:09

2009年にトヨタ自動車11代目社長になった豊田章男氏。6代目社長の章一郎氏の長男。祖父はトヨタグループ創始者である佐吉の長男で、2代目社長の喜一郎氏。(写真=アフロ)
2009年にトヨタ自動車11代目社長になった豊田章男氏。6代目社長の章一郎氏の長男。祖父はトヨタグループ創始者である佐吉の長男で、2代目社長の喜一郎氏。(写真=アフロ)【拡大】

 今でこそトヨタの本社は立派な高層ビルですが、数年前までは「えっ、これが本社?」というほどの建物でした。工場や設備にはお金をかけても、本社や事務関係にはお金をかけない風土がトヨタの「質実剛健ぶり」をよく表しています。倒産の危機に瀕した際にお金に困った苦労が今も身に沁みているのです。

 東日本大震災2年後に計画された東北工場を造る際は、当初1000億程度の見積もりがなされていました。しかし、章男社長の「そんな馬鹿なことはない。知恵を使え」という指摘で、改善によって約200億~300億円ぐらいまで予算を詰めたといいます。

 トヨタでは、「改善は知恵とお金の総和である」と言います。総和というのは足し算。つまり、お金をかけずに知恵を出せということです。コストを抑えることを日々の改善で行っている。いわば、トヨタ式というシステムそのものに家訓が組み込まれているのです。それが豊田家の家訓が今も生きている理由です。

 章男社長の父親である豊田章一郎名誉会長に「豊田家の全財産を失っても納屋だけは守れ」という言葉があります。「納屋」というのは静岡県湖西市にある豊田佐吉記念館に保存されている佐吉の生家と納屋のこと。佐吉は大工である父親の仕事を手伝いながら、納屋にこもって織機の研究と改良に励むことで「自動織機」を発明しました。この納屋こそがトヨタグループの原点。トヨタはそれを今も大切に保存するだけでなく、トヨタグループの社員は定期的に見学に訪れます。トヨタ式の基本にあるのは創業者である佐吉、そして喜一郎の考え方なのです。

トヨタは決まるまでが長く、決まれば動きは速い

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。