三菱重工が米原発事業で140億円を賠償へ 廃炉巡り米電力会社に

2017.3.14 09:06

 三菱重工業は14日、米カリフォルニア州のサンオノフレ原発廃炉を巡り、部品の納入先である米電力会社サザン・カリフォルニア・エジソンに約1億2500万ドル(約140億円)を支払うよう国際商業会議所(本部パリ、ICC)から命じられたと発表した。

 廃炉の原因となった蒸気発生器を製造した三菱重工とエジソン社は損失負担額を巡り対立。エジソン社がICCに仲裁を申し立てていた。エジソン社の請求額は66億6700万ドルで、三菱重工は主張が認められたと受け止めている。ICCは裁定でエジソン社が三菱重工に対し、仲裁費用として5800万ドルを支払うよう命じた。

 サンオノフレ原発は、三菱重工製の蒸気発生器の配管から水漏れしたのが原因で2012年1月末に緊急停止。米原子力規制委員会(NRC)から再稼働を認められる見通しが立たず、エジソン社は13年6月に廃炉を決めた。

 エジソン社は13年10月、三菱重工が全損害を賠償しないのは不服として仲裁を申し立て、その後、最終的な請求額は66億6700万ドルに確定した。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。