全銀協、カードローン過剰融資対策

2017.3.17 05:00

 全国銀行協会(全銀協)は16日、カードローンによる過剰融資が社会問題化しつつあることを踏まえ、広告の自主規制や審査体制の強化を柱とする対策を発表した。広告については、年収証明書の提出をしなくても高額の借り入れができると強調するような表現は控える。また顧客の借り入れ状況を正確に把握し、返済能力を超える貸し付けは行わないようにする。国部毅会長(三井住友銀行頭取)は記者会見で、「銀行の貸し付け姿勢に(問題があるとの)指摘を受けることがあり、手綱を締める必要があると考えた」と説明し「適切な業務運営に努めていきたい」と述べた。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。