【コーポレートガバナンス 変革の時】(4-3) (3/3ページ)

2017.3.17 05:00

コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2016の受賞者ら。左から、斉藤惇・審査委員長、審査委員のバーバラ・ジャッジ氏、宮内義彦・日本取締役協会会長、畑中好彦・アステラス製薬代表取締役社長、鈴木洋・HOYA代表執行役最高経営責任者(CEO)、澤田道隆・花王代表取締役社長執行役員=東京都千代田区
コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2016の受賞者ら。左から、斉藤惇・審査委員長、審査委員のバーバラ・ジャッジ氏、宮内義彦・日本取締役協会会長、畑中好彦・アステラス製薬代表取締役社長、鈴木洋・HOYA代表執行役最高経営責任者(CEO)、澤田道隆・花王代表取締役社長執行役員=東京都千代田区【拡大】

  • 表彰式で審査結果を講評する伊藤邦雄・一橋大学CFO教育研究センター長=東京都千代田区

 ◆さらなる変革へ=アステラス

 これに対し、入賞企業のアステラス製薬については「『買収することも辞さない。むしろ買収されるぐらいがいい』という考え方はなかなかできるものではない。米国子会社に対し、『東京本社はレポートを送る相手ではなく、株主のような存在だ』という説明が通るまでにガバナンスが根付いている」(伊藤氏)という。

 同社は医療用医薬品大手。ROEは15年3月期が10.5%、16年3月期が15.0%と高い。アステラス製薬代表取締役社長の畑中好彦氏は、今回の受賞に際し「現状に満足することなく、今後も環境変化に耐え、社会へ貢献できるよう、さらなる変革を求めて、引き続きコーポレートガバナンスの強化に取り組む」との決意を表明している。

                  ◇

 ■「コーポレートガバナンス・オブ・ザ・イヤー2016」の概要

【審査委員会】

 委員長=斉藤惇 KKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)ジャパン会長

 委 員=バーバラ・ジャッジ 英国取締役協会会長

  同 =井伊重之 産経新聞論説委員

  同 =伊藤邦雄 一橋大学CFO教育研究センター長、一橋大学大学院商学研究科特任教授

  同 =太田洋 西村あさひ法律事務所パートナー弁護士、前・東京大学大学院法学政治学研究科教授

  同 =冨山和彦 日本取締役協会副会長、経営共創基盤代表取締役CEO

  同 =中神康議 みさき投資代表取締役社長

 ※データ分析協力=みさき投資株式会社

【運営体制】

 主催=日本取締役協会

 後援=金融庁、経済産業省、法務省、東京証券取引所

 協力=日本公認会計士協会、日本IR協議会、 アジア・コーポレートガバナンス協会

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。