東芝再建に日米政府の影 政投銀など共同出資で支援 技術流出懸念する経産省が主導 (1/2ページ)

2017.3.18 06:00

会談する世耕経産相(右手前から3人目)とロス米商務長官(左端)=16日、ワシントン(共同)
会談する世耕経産相(右手前から3人目)とロス米商務長官(左端)=16日、ワシントン(共同)【拡大】

 経営再建中の東芝が分社化して設立する半導体新会社に公的資金を投入する案が、政府系の関係者の間で浮上していることが17日、分かった。日本政策投資銀行、官民ファンドの産業革新機構といった日本勢が共同出資する形で、技術流出を懸念する経済産業省が主導しているもようだ。

 東芝の米原発子会社の巨額損失に関しては、世耕弘成経済産業相が訪問先の米首都ワシントンで16日、会談したロス商務長官らから「財政的安定性は米国にとって重要」との指摘があったことを明らかにした。

 半導体新会社の出資者を選ぶ入札手続きには10程度の陣営が参加する見通し。米国や台湾、韓国、中国など海外勢の参加も含まれている。東芝は29日に受け付けを締め切り、選定作業を本格化する。

 分社化する半導体のフラッシュメモリー事業は国際的に高い競争力があり、日本が関与を続ける価値や必要性があるとの指摘は多い。政投銀や革新機構は新会社の売却に向けた入札に参加する場合、東芝と組んで拒否権を持つ3分の1超の出資を目指すとみられる。

 だが、巨額な資金が必要な出資に国が乗り出すことは慎重な判断が求められ、実現するかは不透明だ。巨額の資金を持つ外資ファンドに比べ、税金由来の公的資金には限りがあり、日本連合が金額面で対抗できるかという問題もある。

日本勢構想は東芝の打診ではなく政府内で進められた

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。