三菱自動車「パジェロ」で復活なるか ゴーン氏がつきつけた「最も険しい再生計画」 (1/5ページ)

2017.3.20 16:05

カルロス・ゴーン氏
カルロス・ゴーン氏【拡大】

世界戦略車「エクリプス クロス」を初披露

 昨年、燃費測定の不正が露見したことで大打撃を被り、ルノー・日産連合の傘下に入った三菱自動車は果たして復活できるのか--。3月7日に開幕した世界有数の自動車展示会、ジュネーヴモーターショーで、三菱自動車は新しい世界戦略車のプロトタイプ(試作車)を初披露した。

 その世界戦略車は「エクリプス クロス」。乗用車であることを基本としながら地面と床の距離が大きく、荒れた道も走ることができるクロスオーバーSUVというタイプである。ウィリス「ジープ」のライセンス生産以降、60年以上にわたってSUVを作り続けてきた三菱自動車にとって、SUVはブランドアイデンティティの根幹。エクリプスクロスの開発は不正が露見する以前から行っていたのだが、このタイミングで登場したことで、図らずも三菱自動車のブランド再生のモニュメントのような役割を担うことになった。

 エクリプスクロスの登場を見て、ライバルメーカーの幹部はルノー・日産連合の総帥、カルロス・ゴーン氏のスタンスについて次のように語る。

 「三菱自動車はルノー・日産連合のアジア部門として、下請け的な立場に組み敷かれるのではないかと思っていました。プラットフォームやエンジンを共通化し、儲からない低価格車を中心に数を追わされる、同じグループで言えばルーマニアのダチアのような感じに。その場合、エクリプスクロスのようなモデルは開発後期といえども当然ストップがかかるのですが、それをあえて出してきた。三菱自動車は三菱自動車として再生させるとゴーンさんは宣言していましたが、その言葉どおりなのかもと感じましたね」

日産でも「フェアレディZ」や「GT-R」復活させたゴーン氏

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。