NTT東日本などデータセンターの消費電力削減 サーバーやHDDを液体冷却 (1/3ページ)

 NTT東日本は富士通などとともに、データセンターの消費電力を削減する省エネ技術の開発に向け、実証実験を進めている。データセンターの省エネでは、稼働とともに熱を発生するサーバーやコンピューターなどを効率よく冷却することが課題になる。これまでのように空調機器を使って冷やすのではなく、液体に浸すなど電力を使わない冷却に置き換え、消費電力削減を実現する。IT機器以外にかかる電力消費をゼロに近づける取り組みで、最終的には中小規模のデータセンターの消費電力を現在より3割以上削減する仕組みをつくり、実用化を目指す。

 ◆環境省事業に採択

 この計画は、環境省の「2016年度CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」に採択された。NTT東は富士通、高砂熱学工業の両社と、社団法人のEEC総研と共同で実施する。

 目標としているのは「データセンター全体の消費電力」を「データセンター内のIT機器の消費電力」で割って求める「PUE」という指標を1.0に近づけることだ。1.0なら、IT機器以外では電力を全く消費せず、エネルギー効率が高いことになる。中小規模のデータセンターでは1.3以上とされ、1.0に下げるには30%を上回る改善が必要な計算だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。