【フロントランナー 地域金融】ひまわり信用金庫(3) (1/2ページ)

2017.3.21 05:00


【拡大】

 □ひまわり信用金庫 震災復興・地域振興支援の取り組み

 ■仮想売り上げなどの検討材料も提供

 地域貢献事業であるひまわりふれあい農園は野菜工場をオープンにして情報を発信している。開園以来、数多くの見学者を受け入れており、いわき市近郊だけでなく、県外から足を運ぶ見学者も少なくない。

 見学者としては主に空き店舗の活用や水耕栽培の事業化を視野に入れた事業者を想定していたが、介護施設や障害者施設からの視察も多いという。こうした施設では「作業療法」の一環として農作業を取り入れることがあるが、露地栽培では土壌管理などの負担が重く、天候の影響も大きい。農園を見学した施設担当者からは「水耕栽培は有力な選択肢になる。すぐにでも導入したい」との声もあったという。

 小林保基園長は「一度見てもらえれば、水耕栽培野菜を身近に感じていただける。スーパーなどの生鮮食品売り場で、水耕栽培野菜を選ぶ機会も増えるかもしれません。間接的な効果ですが、水耕栽培の需要拡大にも寄与できると考えています」と話す。

 ふれあい農園では、来園した見学者に対し、仮想の売り上げや運営コストなども含め、水耕栽培導入の検討材料も提供している。見学者の受け入れだけでなく、依頼があれば作付け体験など実習の場も提供する。空き工場に野菜工場を開設したある事業者の場合は、「工場稼働前に作業員に実習をさせたい」との要望があったため、1カ月にわたって研修を実施。種まきから収穫までの一連の作業を体験してもらった。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。