日本通信、ソフトバンクのiPhone向け格安SIM発売 月額880円から

 格安スマートフォンを手掛ける仮想移動体通信事業者(MVNO)の日本通信は21日、月額880円(税別)から利用できる、同社初のソフトバンク回線を使った格安SIMカード「b-mobile(ビーモバイル)S 開幕SIM」を22日に発売すると発表した。

 ソフトバンクのiPhoneとiPadをSIMロック解除なしで利用可能。データ通信量に応じて1ギガバイト880円、3ギガバイト1580円、7ギガバイト2980円、30ギガバイト4980円の4種類あり、1ギガバイトだとソフトバンクの料金より73%安くなる。ただ、初期手数料3000円が別途必要。アイフォーンは「5」以降の端末に対応している。

 開幕SIMは音声通話には対応していないが、日本通信は今後、音声通話SIMカードも発売を検討する。

 日本通信はソフトバンクが相互接続の申し入れ協議に応じなかったとして、総務省に申し立てた。しかし、協議再開命令が出される前に両社は1月末に和解した。