新領域に挑戦 広告の枠組み超える 日宣・大津裕司社長 (1/2ページ)

2017.3.27 05:27

日宣大津裕司社長
日宣大津裕司社長【拡大】

 放送通信、住宅関連、医療健康の3つの業界に特化した広告宣伝事業を展開する日宣は今年、創業70周年を迎えた。2月には東証ジャスダックに上場を果たし、インバウンド(訪日外国人観光客)や映像、デジタルなど新しい事業領域に力を入れる。副業の奨励や残業時間の短縮などワークライフバランスに考慮することで「多様な人材を獲得し、従来の広告の枠組みを超えたサービスを創出する」(大津裕司社長)と意気込む。

 60人で内製化強み

 --3業界に特化した広告宣伝事業を展開しているが

 「放送通信業界向けではケーブルテレビ100局以上の番組情報月刊誌を150万部発行している。局ごとに内容は違うがシステム化して、月2万ページを制作する。住宅関連業界向けは40年以上にわたりカタログやチラシ、展示物ツール、イベントの企画運営などの営業ツールをワンストップで提供し、最近では仮想現実(VR)技術を取り入れた体験装置が好評だ。医療健康業界には4年前に参入したばかりだが、伸びしろが大きいと期待している」

 --医療健康業界向けの取り組みは

 「高齢化で成長が見込まれているが、専門性が高く参入障壁は高い分野だ。当社は4年前に参入した。独自サービスとして、全国のケーブルテレビやラジオのミニ番組枠で、地域の医師が出演し、病気の正しい情報を伝える疾患啓発番組を放送している。収録時に医薬情報担当者(MR)が医師に立ち会うため製薬会社から好評で、昨年1年間で300番組を提供した」

企業の強みと今後の事業戦略は

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。