名門企業の米WH、なぜ転落? コストダウン狙った新方式失敗 技術も劣化 (1/2ページ)

 東芝の米原子力子会社ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)は1957年に世界で初めて加圧水型(PWR)原発の商用化に成功した名門企業だ。しかし、コストダウンを狙って導入した新しい生産方式の運用に失敗。米国の原発事故以降、20年間にわたり、原発新設が停滞したこともあり、技術力が低下したとの指摘もある。

 名門のおごり

 1886年創業のWHは米国を代表する重電メーカー。その原発技術は世界で運転中の原発のうち約半分で利用されている。2005年には出力拡大と建設コスト低減を目指して開発した次世代原発「AP1000」が米原子力規制委員会(NRC)の承認を受け、現在、米国で4基、中国で4基の建設が進む。

 しかし米国の4基では12年の建設認可後、いずれも大幅な工期の遅れが表面化している。ジョージア州のボーグル原発3、4号機の完成時期は当初の予定から約3年半後ずれの19年と20年。サウスカロライナ州のV・Cサマー原発2、3号機も当初計画から2~4年遅れの20年の完成予定だ。

 遅延の背景にはAP1000で強化された「モジュール生産」方式があるとされる。格納容器など原発の構造物を協力企業などの工場で分割生産してから現地で組み立てる手法で、WHは「工期短縮や品質向上につながる」としてきた。

20年もの長い空白、損なわれたWHの技術