新社会人「働き方」高い関心 社会問題化を反映、安定志向も顕著

2017.4.1 06:32

 新社会人の間でも「働き方改革」や東芝の経営再建に対する問題意識が高まっている-。こんな実態が明治安田生命保険が31日まとめたアンケートで明らかになった。調査は4月に入社予定の新入社員を対象に1月5~11日の間、インターネット上で実施。約1100人が回答した。

 就職先を選んだ理由を複数回答で聞いたところ、トップは「会社の安定性」(35.8%)。2位は「仕事のやりがい」(34.3%)で、昨年の1位と2位が入れ替わった。同社の小玉祐一チーフエコノミストは「昨年以降、日本を代表する企業の不祥事や経営悪化が相次いだ。世界経済の先行きが予測できない時代になったことも学生の安定志向の高まりにつながっている」と解説する。6位の「残業や休暇についての状況」は17.6%と、昨年の13.5%から上昇。政府が推進する「働き方改革」や、長時間労働が社会問題化していることが影響した可能性がある。

 初任給の使い道は、「両親へのプレゼント」(44.1%)が2009年の調査開始以降、9年連続でトップ。2位は「預貯金」で昨年より3.5ポイント増の30.0%。調査開始以降、最高値となった。小玉氏は「社会保障制度に対する不安が年々強くなっていることが生活防衛意識の高まりにつながっている」と指摘している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。