【家電Watch】パナソニック、日本勢が苦戦する中国でなぜ売れるのか? 現場2氏に戦略を聞く (4/6ページ)

2017.4.3 06:25

4月設立のパナソニックAPチャイナの総経理に就任した呉亮氏(左)とパナソニックチャイナアプライアンス中国の総経理を務めた山内政直氏
4月設立のパナソニックAPチャイナの総経理に就任した呉亮氏(左)とパナソニックチャイナアプライアンス中国の総経理を務めた山内政直氏【拡大】

  • 中国・上海で開催された中国家電博覧会(AWE)の会場
  • パナソニックの美容家電の中国版カタログ。日本と同様「PanasonicBeauty」という製品群で展開する
  • パナソニックのプレミアム戦略のコアアイテムの一つ、ドラム式洗濯機

 プレミアム戦略を進める中でもコアアイテムとして掲げるのが冷蔵庫、ドラム式洗濯機、グリラー、圧力鍋、ホームベーカリーの5品目だ。これらの製品は、全て中国で企画、開発、製品化され、人々の羨望を集める「憧れ」マーケティングを展開してきた。日本製であることをアピールするような店頭展示や、製品を実際に使えるサロンなども設ける。

 一方、日本発の製品を横展開して成功しているものもある。ドライヤーに代表される美容製品だ。市場価格から考えるとかなりの高額であるのにもかかわらず、製品は完売状態だという。

 「爆発的に売れている。ダイソンのドライヤーの影響もあるが、高額ドライヤーが市場に受け入れられた。日本で新製品が出ているのに、どうして中国でもすぐ売らないのかとの声もある。今後は日本と中国、同時発売も視野に入れている」(呉氏)

 一昔前までは、中国の家電製品というと、赤や金色など派手なデザインが好まれていたイメージがある。しかし、AWEの会場を見ても、そのようなデザインは見当たらなかった。今、中国ではどのようなデザインが好まれているのか。

「日本より目が肥えている人が多い」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。