【トップは語る】メドレー 遠隔診療システムの販売好調 (1/2ページ)

2017.4.7 05:00

インタビューに応じるメドレーの豊田剛一郎社長=東京都港区
インタビューに応じるメドレーの豊田剛一郎社長=東京都港区【拡大】

 □メドレー社長・豊田剛一郎さん(32)

 --なぜ医師から起業家へ転身したのか

 「脳外科医として3年半の職歴を持つが、患者の家族と接して気づいたことは、家族にとっては患者の病名を初めて聞くケースが多いこと。病気のことをよく分からないまま手術の可否の判断を迫られる。十分な理解を得た上で手術、その後の治療に臨むことができれば、患者やその家族はもちろん、医師としてもモチベーション(動機付け)が上がる。そのための仕組みをつくりたいと考えた」

 --オンラインによる病気事典「メドレー」を手掛ける

 「疾患情報や医薬品、最新の治療法といった情報などを、500人以上の医師が監修している。実際に医療機関では患者への説明に、このサイトを活用しているケースも多い。患者自身も病気に関する知識を得られる。2015年8月にはKDDIのセルフ健康チェックサービス『スマホdeドック』」との連携も始めた」

 --このサイトだけで事業を軌道に乗せるのは大変だ

 「バナー広告による収益に加えて、医師のインタビュー記事を有料で載せている。事典としては書ききれない、医療に対する考え方などを紹介している。患者には、セカンドオピニオンを探す手掛かりとして活用してもらっているようだ。黒字化への道は長いが、社会貢献の一つとして続けていく」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。