日産、販売店を5タイプに再編 22年度めど、数百億円投資

2017.4.12 06:02

 日産自動車が国内販売を強化するため、全国に展開する販売店を再編することが11日、分かった。2022年度までをめどに数百億円規模を投資する。政令市に旗艦店を置いたり、大型商業施設に店舗を設けたりして販売店を5種類に分け、新たな顧客の獲得を狙う。

 商圏に応じて全国を200~300の地域に分け、約2100ある既存の販売店網を見直す。

 従来型の店舗に加えて、政令市を中心に全車種を展示する旗艦店や、ショールームのようにブランド力発信を意識した店舗を設ける。多くの人が集まる大型商業施設内や、これまで販売店がなかった空白地帯への小型店の出店も検討する。

 日産によると、車を購入するまでに販売店に通う回数は平均2.6回で減少傾向にあるという。インターネットの活用など情報収集の手段が多様化しているためで、こうした変化に対応した販売体制を整える必要があると判断した。

 日産の軽自動車も合わせた国内販売は、16年が前年に比べて9.3%減の約53万台で、低迷している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。