新興企業が革新的技術で注目 ダイムラーなど自動車大手が接近 (1/3ページ)

2017.4.12 05:56

聞き手にだけ音を届けるシステムを開発したノベト・システムズのトマー・シャニ氏(ブルームバーグ)
聞き手にだけ音を届けるシステムを開発したノベト・システムズのトマー・シャニ氏(ブルームバーグ)【拡大】

 大手自動車メーカーによる、自動車関連の新興企業への投資が急増している。グーグル親会社のアルファベットや配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズといった企業が同分野で存在感を増す中、自動車各社は技術面での優位性を取り戻そうと躍起になっている。

 後れ取り戻す動き

 独自動車大手ダイムラーは、革新的技術を生み出す拠点となる「イノベーション・ハブ」の構築を支援しており、そこから生まれた13企業がこのほど独南部シュツットガルトで開催されたイベントでプレゼンを行った。

 ダイムラー傘下の高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」と供給契約を結べる可能性をかけたこのプレゼンで、イスラエルの新興企業ノベト・システムズ(Noveto Systems)が紹介した新製品は、たった5分で会場にいたダイムラー幹部、投資家、起業家など合計1000人を魅了した。

 この製品は音がスピーカーから聞き手の耳に直接発信されるというオーディオシステムだ。ノベトの共同設立者、トマー・シャニ氏は会場に集まった人々に「ヘッドホンやワイヤが不要になった世界を想像してみてほしい」と呼びかけた。展示ホールの隅にはこのオーディオシステムを搭載したメルセデス・ベンツSクラスのセダンが置かれ、誰もが新製品を直接試すことができるようになっていた。

 最先端技術の取り込みに後れをとっていた巨大自動車メーカー各社がこれに順応しようと動き始めたことが、このイベントで浮き彫りになった格好だ。いまでは、ジェスチャーで操作できるラジオや情報を3次元で映し出すフロントガラスなど、ありとあらゆる先端技術の装置が自動車に搭載され始めている。

長い道のりの第一歩

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。