日本原子力発電が米電力大手と合弁 原発の保守・点検、日立計画に参入

2017.4.13 21:17

 日本原子力発電(日本原電)は13日、米電力大手エクセロンと原発の運転保守を支援する合弁会社を設立したと発表した。まず、日立製作所が英国で手掛ける原発計画に参入する。東芝の海外原発事業撤退など、日本勢の原発輸出には逆風が続いている。電力会社とメーカーが一体となり、海外展開で巻き返しを図る。

 日本原電とエクセロンが折半出資で設立した新会社「ジェクセル・ニュークリア」は、東京都内に本社を置き、社長には日本原電の肥田隆彦常務が就任した。

 日本原電は茨城県東海村と福井県敦賀市に原発を持つが、全て停止中で再稼働の見通しは立たない。米国で23基を運営するエクセロンのノウハウを取り込み、人材育成や保守管理体制などに関するコンサルティング業務に活路を見いだす。

 新会社は、日立が英アングルシー島で2019年に建設を始める原発事業に参画する。日立は原発の建設に詳しいが、運営ノウハウは乏しい。日本原電やエクセロンの知見を生かし、事業を円滑に進める考えだ。

 記者会見した肥田氏は、「われわれの経験をベースに、英国に適合したモデルを日米両国で作っていきたい」と述べた。

 東京電力福島第1原発事故後、各国で安全規制が強化され、日本企業の原発輸出は、苦戦が続く。日立の英国事業は順調に進む数少ない案件とあって、運転保守面の課題解消が急務だった。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。