なぜスタバより人気? 「日本カフェの雄」ドトール、中年男性に愛される経営戦略 (3/5ページ)

2017.4.22 16:05


【拡大】

 ドトールとは「がんばる人の、がんばらない時間」

 これに対抗してというか、すでに存在していた日本のカフェの雄は、ドトールコーヒー。店はこじんまりしていますが、狭いながらも楽しい我が家って感じで、苦になりません。立って飲む場合もありますが、立ち食いそばで慣れているオヤジは、至ってラクチン。コーヒー220円、カフェラテ250円の値段は特筆ものです。ここのラテはあらゆるコーヒーチェーンの中で一番旨いと思います。夏場のアイスコーヒーも絶品で、箱買いして事務所の来客コーヒーに使っていた時期もありました。食べ物もジャーマンドッグが220円って、2つ食べても、スタバのクラブハウスサンドより安いのが、これまた嬉しいです。

 オヤジ観点から見ても、ドトールは非常にマッチします。なにしろドトールのキャッチコピーは「がんばる人の、がんばらない時間」ですから。ということは、まさしくオヤジ向けに作っているのでしょう。そう考えるとスタバは「オサレな人がくつろぐ、オサレ空間」と、理解すればいいのかも知れません。

 そんな2大コーヒーチェーンの狭間で、陰日向に咲くような営業展開をしているのが、「カフェコロラド」です。何を隠そう、ドトールコーヒーが最初にフランチャイズ展開を手がけた業態で、同社の原点ともいうべき店なのです。1972年開業だから、日本のコーヒーチェーンのはしりでしょう。1980年代、中野区や渋谷区に住んでいたので、近所のコロラドを頻繁に利用させてもらっていました。

 最近久々に、三軒茶屋のコロラドに行きましたが、昔通りのコーヒーの美味しさに感激ひとしおです。まず低くて広いテーブルが、妙に落ち着きます。スポーツ新聞なども読めて、いくらでもいて下さい感がたまりません。食事類も充実しているし、おやつも拡充、どら焼きがあったから食べましたが、これが結構コーヒーに合う。おやじ心を、巧みに掴んでいますなあ。

カフェ業界、第三の波 漢字表記「珈琲店」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。