なぜスタバより人気? 「日本カフェの雄」ドトール、中年男性に愛される経営戦略 (5/5ページ)

2017.4.22 16:05


【拡大】

 コメダのポピュラー化後、おやじは次なるオアシスを探し始めています。そこで登場するのが、星乃珈琲店です。実はここ、「ドトール・日レスHD」の日レスからの出店。ドトールとは、親戚みたいな関係ですか。

 星乃珈琲店の六本木店によく行きます。ここは、カップルシートみたいなのがあって、キャバクラのスカウトが、若いコを囲い込みするのに利用しています。実際は対面に座る席で、荷物を置くスペースですが、並んで座っても文句は言われない。狭いから、密着度が増しますぞ~。

 店作りはよく研究してあり、ハンバーグライスプレートなど、食事もしっかりしていて、ゴハンものがあるのが嬉しいです。一方、雑誌も読めるしと、いいとこ取りの急先鋒でしょうか。

 今後の流れとしては、あくまで希望的観測ですが、若いコがオサレ疲れを起こして、おやじが好む珈琲店に、大挙流れると思われます。欧米系カフェは、コーヒーよりもエスプレッソ、そしてクリーム系のメニューが売りです。一方、日本の喫茶店は、1970年あたりのジャズ喫茶などでは、豆をそのつど挽いて、一杯ずつ出す、藤岡弘みたいな頑固オヤジのマスターがゴロゴロいました。ですから珈琲の味を本気で比べたら、日本の珈琲が断然美味しいです。恵比寿には「ヴェルデ」という、一杯ごとに出す自家焙煎の喫茶店があり、よく利用していました。というわけで、オヤジ目線の流れでは「本格珈琲店の復活」と、なぜか「カップルシート」って、う~ん、どっちも、ほぼほぼ魅力的ですね。

 (コラムニスト 木村和久=文)(PRESIDENT Online)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。