【広報エキスパート】BMWジャパン、今後はネットや生活情報メディアとの接点強化 (1/3ページ)

2017.4.20 06:39


【拡大】

 ■BMWグループ・ジャパン広報部長・田中誠司氏

 --BMWグループは、昨年100周年を迎えました

 現在BMW、MINI、ロールス・ロイスの3つのブランドを持ち、14カ国に31の生産工場を保有、日本を含む140カ国以上で販売しています。BMWグループ・ジャパンがドイツ本社の100%子会社として設立されたのは1981年。BMW、MINI、BMW2輪を販売しており、グループの信条「モビリティが人々の人生を形作る」を基に、プレミアムな品質、機能、サービスを提供するリーダーとして、BMWファンを増やしていきたいと思っています。

 --「MINI」のブランドが定着しました

 「MINI」が新世代に生まれ変わったのが2001年。日本では、3月2日を「ミニの日」と名付け、02年のこの日に発売しました。コンパクトで高性能ということが、30代以降の高品質車を好む層に受けました。3ドアが中心でしたが、一昨年から5ドアが加わりました。トランプ米大統領の「日本の自動車市場は閉鎖的」という発言の折には、NHKや経済誌などで、外国車でも乗りやすさや使いやすさを向上させれば売り上げを伸ばせることを取り上げていただきました。

「プレス用の貸し出し車は常時約70台」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。