東芝半導体、日本勢抱き込みが鍵 技術流出の懸念払拭を狙う (1/2ページ)

2017.4.20 06:14


【拡大】

 東芝が進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却交渉をめぐり、売却先候補となっている台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業が子会社のシャープと組むほか、米半導体大手ブロードコムに産業革新機構や日本政策投資銀行が合流する案が浮上した。競争力を持つ技術の海外流出に対する政府の懸念を和らげるのが狙い。日本企業を巻き込んだ連合づくりが、今後の交渉を有利に運ぶ鍵になりそうだ。

 東芝メモリ売却の入札では、2兆~3兆円の買収金額を提示した鴻海とブロードコムのほか、提携関係にある米半導体大手ウエスタンデジタル(WD)、韓国半導体大手SKハイニックスの4陣営が売却先候補として残っている。

 このうち、最もめまぐるしい動きを見せるのが鴻海だ。米アップルに共同出資を求め、トップ同士の関係が深いソフトバンクグループに支援を要請したのに続き、傘下のシャープにも出資させる意向だ。入札で3兆円規模と最大の買収額を提示しただけでなく、陣営づくりにも余念がない。

 背景には政府が安全保障上の観点から、軍事転用できる東芝の半導体メモリー技術の中国・台湾勢への売却を警戒し、「外国為替及び外国貿易法(外為法)」に基づいて阻止する構えをみせていることがある。連合で鴻海色を薄め、政府の矛先をかわそうとしている。

交渉の行方を混沌とさせているWD

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。