ソニーが今度は上方修正 29年3月期業績予想 半導体でコストが想定下回る

2017.4.21 17:37

ソニーの平井一夫社長
ソニーの平井一夫社長【拡大】

 ソニーは21日、平成29年3月期連結決算の業績予想を上方修正した。金融分野の償却額が減少し、半導体分野を中心にコストが想定を下回ることなどから、営業利益は前回予想の2400億円から2850億円(前年比3.1%減)、最終利益は260億円から730億円(同50.6%減)にそれぞれ引き上げた。売上高7兆6千億円(同6.2%減)は据え置いた。

 ソニーの29年3月期の最終利益予想は当初800億円だったが、電池事業の売却に伴う損失計上や、映画事業の価値を低く見直したことで、昨年10月と今年2月にそれぞれ下方修正していた。

 ソニーは今月28日に決算を発表する。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。