アマゾン、生鮮販売開始を正式発表 独自の配送ネットワーク活用

2017.4.21 06:02

 アマゾンジャパンは21日から、有料会員向けに野菜や果物、精肉や鮮魚などの生鮮食品約1万7000点の販売を本格的に始める、と正式発表した。これまでは飲料や菓子など賞味期限が比較的長い食品が中心だった。当初は東京都の港区や墨田区など6区が対象だが順次広げ、流通各社が力を入れるネットスーパーに対抗する。

 新サービス「アマゾンフレッシュ」は年会費3900円の「プライム」会員向け。利用には追加で月額500円かかる。配送料は500円で、買い物額6000円以上で無料になる。

 午前8時から深夜0時までの間、2時間ごとの枠で時間指定でき、注文から最短4時間で配達される。昼の注文が夕食前に届くようにした。

 川崎市の物流倉庫に温度管理ができる設備をつくった。中小の宅配業者と連携し独自の配送ネットワークを活用する。アマゾンフレッシュは米国で2007年に開始し、日本は英国に続き3カ国目。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。