【酒豪女子が行く】(2)若者のビール離れは嘘!? 低迷市場でクラフトビールが快進撃、味オンチの記者も醸造に挑戦! (1/4ページ)

 盛り上がりを見せるクラフトビール業界で、世界中の愛好家から注目される伊勢市の小さなブルワリー「伊勢角屋麦酒」。ウキウキが止まらない“酒豪女子”の筆者が取材に行くと、あろうことか「ビール造ってみる!?」と鈴木成宗社長(49歳)から大胆すぎる提案を受け、新ビールの醸造に挑戦することに。しかし、開始早々に筆者の味音痴が露呈し、商品企画は難航。鈴木社長からもツッコミが入る中、醸造計画は無事に始動するのだろうか。

▼前回の話(1):ビール界のオスカー受賞、伊勢市のブルワリーに世界が注目 餅屋から飛躍した社長の“型破りな創業”

酒豪記者の無茶ぶりにブルワー困惑

 鈴木社長に促されるままあれよあれよと話が進むビール醸造企画。しかも、なんと3カ月後に無事完成した暁には、オンライン通販「産経ネットショップ」で販売することまで決まった。筆者が造ったビールが商品になる!? “酒豪女子”の筆者に舞い降りた千載一遇のチャンスだ。

 そんなこんなで、早速商品企画に取りかかる。伊勢角屋麦酒には現在、出口善一ヘッドブルワー(49歳)と金澤春香ブルワー(28歳)が在籍しており、この2人の技によって世界トップクラスの味と品質を実現している。

金澤春香(かなざわはるか)ブルワー

金澤春香(かなざわはるか)ブルワー

出口善一(でぐちぜんいち)ヘッドブルワー

出口善一(でぐちぜんいち)ヘッドブルワー

「普段、新商品を作るときは会議もせず、コンセプトもレシピも全てブルワーに任せています」と鈴木社長も全幅の信頼を寄せるほどだ。今回は2人にも会議に加わってもらい極上のビール造りを指南していただく。これは心強い。

会議開始1分、早くもつまずく…

今、あなたにオススメ
Recommended by