みずほ銀行 藤原頭取就任インタビュー ビジネスモデルの転換を語る

2017.4.25 17:00

みずほ銀行の藤原弘治頭取=東京都千代田区(菊本和人撮影)
みずほ銀行の藤原弘治頭取=東京都千代田区(菊本和人撮影)【拡大】

 4月1日付で就任したみずほ銀行の藤原弘治頭取は24日までに産経新聞のインタビューに応じ、「みずほフィナンシャルグループ(FG)の“長男・長女”として、銀行の顧客基盤をグループ全体のお客さまにしていく発想が大事だ」と述べ、グループ戦略を牽引していく考えを示した。

 みずほFGは昨年4月、顧客層ごとにサービスを提供するカンパニー制に移行した。導入を主導したのが藤原氏だ。今度は現場の指揮官として、各カンパニー長が練った戦略を実行に移す役割を担う。

 低金利環境が長く続き、銀行は金利で稼ぐビジネスモデルの転換を迫られている。藤原氏は「銀行だけでなく、信託や証券の機能も活用し、非金利収益を上げていく」と強調。法人客には社債発行やM&A(企業の合併・買収)の支援、個人客には資産形成の支援を行うことで手数料を稼ぎ、その先で資金ニーズを引き出す。

 海外でも、「取引先のビジネス拡大のためのコンサルティングから入り、資金ニーズを捕捉していく手法を徹底する」。同行は4月に海外企業の担当役員2人を新たに配置。約140人規模の専門コンサルティング部隊とあわせ、機動的に対応する方針だ。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。