みずほ銀、書類を電子的共有 ブロックチェーン 6月から貿易取引で活用

2017.4.27 05:00

 みずほ銀行は26日、ネットワークで結んだ複数のコンピューターが取引を記録する「ブロックチェーン」と呼ばれる先端技術を6月から実際の貿易に関する取引で活用すると発表した。必要書類のやり取りにかかる時間の短縮や、事務費用の削減が期待できるという。

 ブロックチェーンは仮想通貨の中心的な技術で、銀行業界では活用に向けた実証実験が進んでいる。

 みずほ銀によると、金融機関が実際の取引で利用するのは珍しく、日本IBMなどと連携し、技術導入の効果と課題を検証する。

 輸出入業者や銀行など貿易取引の関係者間で郵送によって受け渡していた書類を、ブロックチェーンの導入で電子的に共有できるようになる。これまでは数日かかっていた書類のやり取りが、数時間に短縮できる見込みという。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。