【現場の風】三井物産 商機の農業資材 目利き力高め革新 (1/2ページ)

2017.4.28 05:00


【拡大】

 □三井物産常務執行役員ニュートリション・アグリカルチャー本部長 堀健一さん(55)

 --昨年4月にニュートリション・アグリカルチャー本部が発足した

 「既存の化学品事業と食料・食品事業の結節点に商機のヒントが詰まっていると、組織を再編成した。世界人口は2050年には約100億人に拡大し、食料の増産は欠かせない。畜産・水産の生産向上、健康維持や病気を予防する飼料添加物に加え、肥料、農薬、種子など作物を効率生産する農業資材を伸ばしている。今後は人の健康や病気を予防する栄養化学も国内外で育てたい」

 --メチオニンなど飼料添加物が好調だ

 「必須アミノ酸のメチオニンは世界的に生産拡大する鶏の成長に必要だ。年率5~6%で成長し、米子会社ノーバスを通じて増産も計画している。畜産・水産飼料向けに安定供給する責任を果たしたい。動物や魚の健康に配慮し、腸内バランスを整えたり、品質向上や病気予防、抗酸化剤など品ぞろえを充実させている」

 --農薬メーカーの世界再編の中で農業資材の戦略は

 「各社は事業や商品編成を見直し、うちが引き受けたほうが伸ばせる分野もある。1月に米モンサントから麦用種子処理農薬事業の買収で合意した。農業資材の販売では生産効率や土壌改良などで環境に配慮した農業を営農指導できる専門家を増やし、農業生産者への提案力を磨く。日本の農薬メーカーは世界的に新規の農薬原体の開発に強みがあるため、共同で市場開拓する機会を増やす。環境配慮型の生物農薬も強化する」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。