小林代表幹事の再任などを決定 経済同友会

 経済同友会は27日、東京都内で通常総会と理事会を開き小林喜光代表幹事の再任を決めた。代表幹事の任期は通常2期4年で、折り返し地点を過ぎたことになる。新任の副代表幹事としてSOMPOホールディングスの桜田謙悟社長、アクセンチュアの程近智会長、住友林業の市川晃社長の3人が就任した。

 小林氏は総会のあいさつで財政再建や社会保障制度の在り方について精力的に議論を進める考えを示した。