【生かせ!知財ビジネス】日本語インターフェース、レクシスネクシスが初導入 (2/2ページ)

2017.4.28 05:00

レクシスネクシスのトータルパテントワンによる検索結果の例。公報全文、書誌情報、図面も同時に1つの画面上にレイアウトすることが可能だ
レクシスネクシスのトータルパテントワンによる検索結果の例。公報全文、書誌情報、図面も同時に1つの画面上にレイアウトすることが可能だ【拡大】

 レクシスネクシスは1983年、世界で初めて米国特許全文検索データベースを開発した企業。科学技術情報や医薬情報のデータベースなどで知られるリード・エルゼビアグループの傘下にある。世界の特許データを収集し、24時間365日稼働する翻訳センターでデータ精査、機械翻訳、英訳文の確認を行っている。

 なお、トータルパテントワンの日本語インターフェースは、5月19日に大阪で、同26日に東京で開催される同社製品ワークショップで展示される。(知財情報&戦略システム 中岡浩)

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。