上場企業、最高益更新ペース 17年3月期 資源価格回復や円安 (1/2ページ)

2017.5.2 06:04

過去最高益を更新した2017年3月期決算を発表する日本電産の永守重信会長兼社長=4月25日、大阪市中央区
過去最高益を更新した2017年3月期決算を発表する日本電産の永守重信会長兼社長=4月25日、大阪市中央区【拡大】

 2017年3月期決算を発表した上場企業の最終利益が前期比で2.4%増え、過去最高益を更新した前期を上回るペースで推移していることが1日、SMBC日興証券の集計で分かった。資源価格の回復や昨年秋以降に為替が円安に進んだことで、商社や自動車の収益改善が目立っている。

 黒字転換が見込まれる石油・石炭製品などで発表が今後本格化し、好調な予想をする見方も多い。企業業績の改善は景気回復を後押ししそうだが、海外動向に左右される懸念もある。

 4月28日までに決算発表した全体の約2割に当たる294社の業績をまとめた。製造業は3.9%の増益だった一方、非製造業は1.1%の減益だった。

 業種別では、自動車など輸送用機器が15.1%、化学が63.3%と大きく増えている。電気機器は19.7%の減益。ただ日本電産が「車載向けモーターは当面需要が見込める」(永守重信会長兼社長)として過去最高益だったように、好決算が期待できる企業もある。

総合商社を含む卸売業は増益で、さらに利益幅が膨らみそう

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。