【日本発!起業家の挑戦】玩具と連携 デジタルゲームの未来形 (1/5ページ)

2017.5.2 05:00

パワーコアの創業者、ジア・シェン氏
パワーコアの創業者、ジア・シェン氏【拡大】

 ■パワーコア創業者CEO ジア・シェン氏に聞く

 日本と北米のゲーム業界がかなり異なるなかで、東京とカリフォルニアに拠点を持つPowerCore(パワーコア)は両市場を決定的に変える可能性のある技術を広めている。トイズ・トゥ・ライフ(Toys-to-life、玩具と連動させて遊ぶタイプのデジタルゲーム)の登場により、アナログとデジタルの世界を分ける境界線はぼやけている。例えば、フィギュアを購入して、そのキャラクターをゲームに登場させて遊ぶことができる。

 すでにディズニーや任天堂といった企業が、この技術の第1段階のものを利用したゲームを提供しているが、本当のイノベーションはまだ実現していない。パワーコアの創業者でCEO(最高経営責任者)のジア・シェン氏に、玩具の未来と彼が日本で起業した理由を聞いた。

 ◆魔法のような世界観

 --トイズ・トゥ・ライフとは何で誰がこの技術を利用していますか

 「収集して遊ぶフィギュアなどの物理的な玩具をデジタルゲームと連動させる技術です。米国では、スカイランダーズ、ディズニー、そしてレゴなどが非常におもしろいものを開発しています」

 --キャラクターのフィギュアを買うと、ゲームに現れる

 「それが最もシンプルな例ですね。でも、ゲームデザインによってフィギュア収集の遊び方を一層引き立たせておもしろいものにできます。例えば、スーパーマリオのアクションゲームで、レベルごとに違う用具があって違う操作が必要だとしましょう。あるステージでは、速く走るために、足の代わりに車輪で動く必要があったり、別のステージでは壁をよじ登るために大きな手に付け替えなくてはいけなかったりする。物理的に玩具を集めて、ゲーム機器の近くの小さなプラットフォームに設置すると、こうした操作が可能になるという具合です」

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。