【ハザードマップ】ナショナル流通産業/TM 採算度外視の事業拡大で資金難 (1/2ページ)

2017.5.4 05:00

 ▼ナショナル流通産業 ナショナル流通産業は4月3日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、再生手続き開始決定を受けた。

 1975年6月創業の金券ショップ運営会社。「ジャパンギフトサービス」の店舗名で新幹線のチケットや商品券など取扱品目は2000種類を超え、阪神エリアや創業地である香川県高松市などに17店舗を展開。一部の店舗はチケット自販機を設置するなど業界トップクラスの規模に成長し、ピーク時の2003年11月期の売上高は285億8781万円を計上した。

 しかし、バブル期の投資の失敗から多額の金融債務を抱え債務超過に陥り、資金繰りが逼迫(ひっぱく)した。リーマン・ショック後は新幹線のチケットや商品券の販売が伸び悩んでいたが、各種株主優待券の取り扱い強化や外貨両替の伸長もあり、ここ数年は黒字だったが、累積赤字があまりにも大きく、十分な返済原資を得るに至らなかった。今後の事業継続を模索していたなか、スポンサー企業の候補に一定のめどが立ったことから自主再建を断念した。

 ▼TM TM(旧天龍木材)は3月31日、静岡地裁浜松支部から特別清算開始決定を受けた。

 輸入原木や木材製品の販売を行う木材事業や建材事業、加工用木材の販売や不動産事業などを手掛け、ピークとなる1994年3月期には売上高615億6325万円をあげた。しかし、その後は市況悪化で主力の木材事業が苦境に陥ったほか、産廃事業や住宅事業などへの進出が失敗するなど経営不振が続き、2005年3月期には事業再生損失の計上などで48億1495万円の赤字となり債務超過に陥った。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。