フェイスブックが動画監視に3千人を追加雇用 オハイオ州の殺害投稿受け

フェイスブックの画面を見つめる女性=2012年7月4日、カリフォルニア州、パロ・アルト (AP)
フェイスブックの画面を見つめる女性=2012年7月4日、カリフォルニア州、パロ・アルト (AP)【拡大】

  • フェイスブックのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏=4月12日、サンフランシスコ(AP)

 米フェイスブックは3日、利用者が投稿した動画への監視を強化するため、今後1年間で3千人を追加雇用すると発表した。米中西部オハイオ州で4月、通りがかりの男性を射殺した男が殺害の瞬間の映像をフェイスブックに投稿した問題を受けた措置。

 ヘイトスピーチや児童労働といった問題に関わる動画を削除するほか、誰かの身に危険が迫っていると判断した場合は当局に連絡する。

 フェイスブックには1週間当たり数百万本の動画が投稿され、現在は4500人で監視しているという。ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は人員増の狙いを「安全なコミュニティーをつくるために、迅速に対応する必要がある」と説明している。(共同)