なぜ、スガキヤは「名古屋人のソウルフード」なのか? 地元民に愛される5つの理由 (1/5ページ)

2017.5.8 06:15

注文する人が多いのは320円の「ラーメン」(スガキヤ公式サイトより)
注文する人が多いのは320円の「ラーメン」(スガキヤ公式サイトより)【拡大】

 「きしめん」や「味噌煮込みうどん」で知られる名古屋だが、ラーメンの印象は弱い。全国各地のご当地ラーメンとして、たとえば北海道の「札幌ラーメン」、東北の「喜多方ラーメン」、関東の「佐野ラーメン」や「東京ラーメン」、近畿の「和歌山ラーメン」、九州の「博多ラーメン」や「熊本ラーメン」は有名だが、「名古屋ラーメン」は聞いたことがない。

 名古屋市内に本店を持つ、老舗台湾ラーメンの「味仙(みせん)」や、台湾まぜそばの「麺屋はなび」など当地で有名で東京進出を果たした店はあるが、まだ限定的な存在だ。

 名古屋市に本社がある「スガキヤ」はこれらの店とは訴求が異なり、こだわりの“ラーメン通”をうならせる店ではない。だが世代を超えて多くの客が来店する「名古屋人のソウルフード」となっている。戦後まもない創業で、現在は派生ブランドを含めると愛知県内に200店もある。生まれも育ちも同県で、ここのラーメンを一度も食べないで大人になった人は少ないのだ。なぜ、ソウルフードとなったのだろうか。

名古屋人が支持する「5つの理由」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。