なぜ、スガキヤは「名古屋人のソウルフード」なのか? 地元民に愛される5つの理由 (2/5ページ)

2017.5.8 06:15

注文する人が多いのは320円の「ラーメン」(スガキヤ公式サイトより)
注文する人が多いのは320円の「ラーメン」(スガキヤ公式サイトより)【拡大】

 ■名古屋人が支持する「5つの理由」

 先日、筆者が出演した名古屋のテレビ局の経済情報番組で、当地が本拠地の人気ステーキ店経営者が興味深い話をしていた。「名古屋で商売に成功するには1つや2つの特徴ではダメ。4つや5つの特徴がないとむずかしい」というものだ。

 これを念頭にスガキヤの特徴を分析すると、以下のとおりだ。

 (1)名古屋人の好きな「オトク感」がある

 (2)気軽に入れる「敷居の低い店」

 (3)普段使いの「ご近所感覚」である

 (4)「ボリューム」をケチらない

 (5)複数のものを一緒に「欲張れる」

 (1)は「なぜ、スガキヤは『1杯320円』で利益が出るのか」(http://president.jp/articles/-/21795)でも紹介したが、1杯320円の「ラーメン」(通称「赤丼」)が看板商品で、麺類はすべて500円未満と、ワンコイン(500円玉)でお釣りがくる。首都圏でいえば「立ち食いそば店」に匹敵する安さだ。

もしコメダがスタイリッシュな店に変貌したら反発を受けるだろう

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。