フォード苦戦、最高益目前のGMと明暗 株価低迷に失望、しびれ切らす取締役会 (1/2ページ)

2017.5.11 05:58

ブルームバーグ・テレビのインタビューに応じるフォード・モーターのフィールズCEO=4月、中国・上海(ブルームバーグ)
ブルームバーグ・テレビのインタビューに応じるフォード・モーターのフィールズCEO=4月、中国・上海(ブルームバーグ)【拡大】

 米自動車大手フォード・モーターの取締役会は今週の会合で、フィールズ最高経営責任者(CEO)に経営戦略を尋ねる時間を設定することが関係者の話で分かった。11日開催の同社年次株主総会を前に、業績悪化や経営改善計画に関して明確な説明を求める狙いがあるとみられる。同氏が2014年7月1日にCEOに就任して以来、同社株価は35%下落している。

 米配車サービス大手のウーバー・テクノロジーズや自動運転車技術開発を手掛ける米アルファベット傘下のウェイモといった新興企業の追撃を狙い、自動運転車やロボットタクシーなどの新技術開発に数十億ドルを投じる同CEOの計画に対し、投資家は関心を示していない。過去7年間にわたり拡大してきた米自動車市場が縮小に転じる中、フォードの自動車事業は競合する米ゼネラル・モーターズ(GM)以上に苦戦している。フォードの今年1~3月期決算は42%減益となる一方、GMはこのままいけば通期ベースで過去最高益となる勢いだ。

 GMは長距離走行が可能な電気自動車(EV)の開発でフォードに先行している。昨年には、配車サービス大手の米リフトに出資することでこの分野にも進出した。EVメーカーのテスラの時価総額は先月、フォードを上回った。

「取締役会が過去7年にわたる株価低迷に失望している」

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。