パナ、有機ELテレビ国内初投入 「4K」3機種を来月発売

2017.5.11 06:02

パナソニックが発売する有機ELテレビの主力モデル=10日、大阪市
パナソニックが発売する有機ELテレビの主力モデル=10日、大阪市【拡大】

 パナソニックは10日、次世代パネル「有機EL」を採用した「VIERA(ビエラ)」ブランドの4Kテレビ3機種を、6月16日に発売すると発表した。有機ELテレビは2015年に欧州で販売を開始したが、国内では初となる。20年の東京五輪・パラリンピックを控え、高画質テレビの品ぞろえを強化することで、販売拡大を目指す。

 主力モデル「EZ1000」は65型で、想定価格は97万2000円前後。液晶テレビでは難しかった深い黒色など、多彩な色を表現できる。パナソニックの音響機器ブランド「テクニクス」の技術も採用し、クリアな音響にもこだわった。同時発売の「EZ950」モデルは55型が54万円前後、65型が86万4000円前後での販売を想定している。

 テレビ部門を統括する筒井俊治事業部長は「買い替え需要が拡大する日本市場を重視する」と述べ、18年以降の本格的な4K放送の開始に向けた販売増に自信を示した。

 有機ELテレビはソニーも6月に発売を予定しており、メーカー間の競争が活発化している。ただ、各社とも基幹部品である有機ELパネルは自前で生産しておらず、海外メーカーから外部調達している。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。