フジ・メディアHDの平成29年3月期連結決算、営業益は8・5%減の223億円

2017.5.11 16:20

 フジ・メディア・ホールディングス(HD)が11日発表した平成29年3月期の連結決算は、売上高が前期比2・1%増の6539億円、本業のもうけを示す営業利益が8・5%減の223億円だった。最終利益は、仙台放送を連結子会社化したのに伴い「負ののれん」発生益を特別利益に計上したことなどで20・0%増の273億円だった。

 事業部門別では、主力の放送事業のほか制作、映像音楽、生活情報の各事業が減収・営業減益。一方、広告、都市開発の各事業は増収・営業増益となった。

 30年3月期の連結業績は、売上高が前期比1・2%増の6615億円、営業利益が5・3%増の235億円、最終利益は22・3%減の213億円を見込む。

 東京都内で記者会見した奥野木順二執行役員は、傘下のフジテレビの業績について「視聴率の回復をまず優先課題として行い、放送事業収入を回復させることが課題になる」と話した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。