東芝、入札期限延期を検討 半導体売却 日米連合の準備待ち

2017.5.12 07:28

上場維持のため監査法人の早期交代論が浮上する東芝の本社ビル=東京都港区
上場維持のため監査法人の早期交代論が浮上する東芝の本社ビル=東京都港区【拡大】

 経営再建中の東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却をめぐり、19日としていた2次入札の期限を先延ばしする検討に入ったことが11日、分かった。政府が主導する産業革新機構や米ファンドなどによる日米連合の陣容が固まっていないほか、生産で協業する米ウエスタンデジタル(WD)と売却の協議が難航しているためだ。

 関係者によると、今月中に2次入札を締め切る意向だが、6月以降にずれ込む恐れもある。東芝は米原発事業の巨額損失で債務超過に陥っており、東芝メモリ売却による資金調達が遅れると、再建策に悪影響を及ぼす懸念がある。

 日米連合の入札にからみ、経済団体などは複数の日本企業にも参画を呼びかけているが、出資をめぐり調整は難航している。入札期限を延長する背景には、資金集めの準備を待つ思惑もあるとみられる。

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。