コンコルディア最終益1266億円

2017.5.13 05:00

 コンコルディア・フィナンシャルグループが12日発表した2017年3月期連結決算は、最終利益が1266億円となった。コンコルディアは昨年4月、横浜銀行と東日本銀行が経営統合して発足し、今回が初決算のため、前期との単純な比較はできない。

 2行単体の合算では、本業のもうけを示す実質業務純益は前期比15.4%減の943億円、最終利益は18.2%減の651億円だった。

 日銀のマイナス金利政策に伴い、貸し出しの利ざやが減ったほか、一部の保険商品が販売停止となったことなどが響いた。18年3月期の連結最終利益は、51.4%減の615億円を予想した。

今、あなたにオススメ
Recommended by

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

「ソナエ 安心のお墓探し」では、厳選されたお墓情報を紹介! 相続、葬儀、介護などのニュースもお届けします。