無線LANただ乗り、総務省は「違法」 地裁判決受け認識示す

 他人の無線LANの暗号を割り出して勝手に使う「ただ乗り」について、東京地裁が刑事裁判で無罪判決を出したことを受け、総務省は12日、「暗号を割り出すために他人の無線LAN機器に繰り返し情報を送受信するなどの行為は、電波法違反に該当する」との認識を示した。高市早苗総務相は「判決内容について精査する。現在、法務省に情報提供を求めている」と述べた。